平成27年度 国際親善総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 75 134 176 412 599 1205 2250 1616 351
70歳以降の患者割合が全体の6割を超え、地域社会の超高齢化を反映しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置1なし 手術・処置2なし 47 8.00 7.84 0.00 61.62
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 39 9.41 10.93 0.00 73.77
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病なし 37 6.11 5.56 0,00 44.53
<DPC名称説明>
胆嚢水腫、胆嚢炎等で、腹腔鏡下胆嚢摘出術等を実施。
胆管結石、胆管炎で、限局性腹腔膿瘍手術等を実施
虫垂炎で、周囲に膿瘍を伴わない虫垂切除術を実施。

外科で最も多い症例は胆嚢炎を伴う胆石症で、腹腔鏡を使用した手術症例が多いです。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 65 33.43 28.70 50.77 81.34
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む)人工関節再置換術等 43 27.63 27.21 4.65 75.60
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む)腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置2 2あり 定義副傷病なし 36 4.67 6.7 0.00 71.42
<DPC名称説明>
股関節大腿近位骨折で、骨折部位に対する観血的手術を実施。
膝関節症で、関節を人工関節へ置換する手術を実施。
脊柱管狭窄等で、神経ブロックを実施。

整形外科で最も多い症例は、転倒等で受傷する大腿骨近位部骨折で、骨折部位を金属で固定する手術や人工関節に置き換える手術症例が多いです。
転院率から見られるように、地域で急性期医療-回復期医療を経て、在宅にて医療が継続できる仕組み(地域連携クリティカルパス)が活用されています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置2なし 定義副傷病なし  20 27.60 19.32 50.00 69.75
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし、手術・処置2なし、定義副傷病なし 19 5.53 7.52 0.00 58.11
160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし、手術・処置2なし、定義副傷病あり 17 29.18 21.87 17.65 68.59
<DPC名称説明>
非外傷性頭蓋内血腫(JCS10未満)手術・処置なし ※JCS・・・Japan Come Scale
頭蓋・頭蓋内損傷 手術・処置なし
頭蓋・頭蓋内損傷 手術・処置なし、定義副傷病あり

脳神経外科で最も多い症例は、外傷以外の原因で生じた頭蓋内血腫と、外傷による脳に影響が及ぶ損傷です。
当脳神経外科では、上記疾患に関して24時間365日対応しております。
転院率から見られるように、地域で急性期医療-回復期医療を経て、在宅にて医療が継続できる仕組み(地域連携クリティカルパス)が活用されています。


呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置1なし 手術・処置等2 4あり 49 2.37 13.38 0.00 74.43
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置2なし 24 8.04 13.03 0.00 72.58
040040xx99100xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 2.94 3.29 0.00 72.33
<DPC名称説明>
肺の悪性腫瘍 手術なし・化学療法あり
肺の悪性腫瘍 手術あり・処置なし
肺の悪性腫瘍 手術なし・経気管肺生検法あり

呼吸器外科で最も多い症例は、肺癌における補助化学療法です。術後の再発予防を目的とし、積極的に取り組んでおります。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020240xx97xxx0 硝子体疾患、手術あり片眼 17 4.47 7.42 5.88 78.29
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置1あり 手術・処置等2なし 13 9.08 7.99 0.00 68.08
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 - - - - -
<DPC名称説明>
硝子体疾患、手術あり
黄斑、後極変性 手術あり・処置あり

眼科で最も多い症例は白内障の手術ですが、当該指標では除外されるため表示はしておりません。次点が硝子体の障害に対する切除術となります。


耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 38 6.42 7.76 0.00 60.34
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 37 4.89 5.53 0.00 36.59
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 27 10.96 9.79 0.00 63.19
<DPC名称説明>
慢性副鼻腔炎
扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし
顔面神経障害 手術なし

耳鼻咽喉科で最も多い症例は、扁桃・咽頭・喉頭等の炎症に対する加療と、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻内手術になります。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置1なし 手術・処置2 3あり 定義副傷病なし 86 23.91 18.08 18.60 74.10
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置2なし 27 9.56 6.30 0.00 73.00
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置2なし 定義副傷病なし 21 35.14 19.00 0.00 78.62
<DPC名称説明>
脳梗塞(JCS10未満)手術なし・処置あり ※JCS・・・Japan Come Scale
一過性脳虚血発作 手術・処置なし
パーキンソン病 手術・処置なし

神経内科で最も多い症例は、脳梗塞急性期による薬剤(脳保護薬)加療です。
転院率から見られるように、地域で急性期医療-回復期医療を経て、在宅にて医療が継続できる仕組み(地域連携クリティカルパス)が活用されています。
 
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病なし 59 7.97 8.02 0.00 75.17
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき)手術・処置等1なし 定義副傷病なし 57 2.63 2.89 0.00 60.14
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 51 8.53 7.59 0.00 74.43
<DPC名称説明>
膀胱腫瘍 経尿道的膀胱悪性腫瘍手術 処置あり 
上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術術 
膀胱腫瘍 経尿道的膀胱悪性腫瘍手術

泌尿器科の最も多い症例は、早期膀胱癌に対する経尿道的な膀胱腫瘍切除手術です。
また、尿路結石に対する体外衝撃波結石破砕術も積極的におこなっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 39 1.41 2.34 0.00 34.08
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 - - - - -
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 - - - - -
<DPC名称説明>
早期胎児死亡による流産手術


呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 36 12.06 14.34 5.56 71.61
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 20 24.70 20.63 5.00 71.70
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20 11.10 14.38 0.00 75.20
<DPC名称説明>
肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置なし
間質性肺炎 手術・処置なし
慢性閉塞性肺疾患 手術・処置なし

呼吸器内科の最も多い症例は、細菌性肺炎による加療です。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 207 2.58 3.07 1.45 67.99
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし 1,2あり 手術・処置等2なし  98 6.14 4.87 0.00 69.40
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 89 23.43 18.30 1.12 83.69
<DPC名称説明>
狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし・処置あり
狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等あり・処置なし
心不全 手術・処置なし

循環器内科にて最も多い症例は、虚血性心疾患に対するカテーテル検査です。この検査にて治療を要する際はカテーテル治療(経皮的冠動脈形成術等)をおこなっています。
腎臓・高血圧内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置2なし 定義副傷病なし 43 27.42 21.69 20.93 87.05
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 38 16.92 13.64 5.26 73.21
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 21 11.81 14.34 0.00 80.90
<DPC名称説明>
誤嚥性肺炎 手術・処置なし
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術・処置なし 
肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)

腎臓・高血圧内科にて多い症例は、誤嚥性肺炎と慢性腎臓病です。
腎不全への進行を抑えることを重要と考え、食事・薬物療法等を行っておりますが、透析導入された患者さんの合併症も幅広くカバーしています。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) 33 11.18 15.35 0.00 66.64
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) - - - - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 - - - - -
パスを使用した療養指導(教育)入院をおこなっています。
合併症の評価もおこなっており、院内各診療科との連携を密におこなっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 49 6.88 7.91 0.00 68.96
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの)その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 39 6.79 11.00 0.00 72.00
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 33 9.64 10.93 0.00 77.85
<DPC名称説明>
穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし
胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 手術あり・処置なし
胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置なし

消化器内科で最も多い症例は大腸の良性疾患に対するポリープ切除術ですが、当該指標では除外されるため表示はしておりません。
次点が大腸の憩室性疾患です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 19 4 7 35 47 16 1 6
大腸癌 12 24 40 46 20 23 2 -
乳癌 3 4 - - - 2 1 6
肺癌 37 11 15 43 35 20 1 6,7
肝癌 - 10 1 1 - 20 2 -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 罹患率の高い5つのがん(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)を病期(ステージ)ごとに集計したものです。①がんの大きさや進展度、②リンパ節転移、③遠隔転移の有無によって病期(ステージ)が決定します。病期(ステージ)は数字が大きいほど進行しているがんであると表されます。
 病期(ステージ)が不明な症例は、上記①~③に一つでも不明な項目がある症例を表しています。
 当院では大腸癌の患者が最も多く、次いで肺癌、胃癌の患者が多くなっています。患者のQOLに合わせた集学的治療や緩和ケアなどの総合的ながん医療を提供しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 24 10.04 72.67
重症度 2 32 13.41 79.28
重症度 3 18 17.33 82.89
重症度 4 11 18.82 86.82
重症度 5 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことを言います。高齢者では症状がはっきりしない場合があり、出来るだけ早期に適切な抗菌薬を適切な量と期間で投与する必要があります。20歳以上の成人症例のみ計上し、重症度分類についてはA-DROP判定を使用しております。
 当院では中等度の症例を多く扱っております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 34 10.24 74.41 2.94
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 165 31.88 76.82 22.75
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳神経外科および神経内科に入院された患者さんが多数です。
163$(脳梗塞)の割合が高く、すべての症例が発症から3日以内に入院加療をおこなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 158 1.62 2.46 0.00 68.30
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 68 1.93 4.91 0.00 61.40
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 39 1.15 4.13 0.00 43.77
鼠径ヘルニアの手術が多く行われております。上記手術以外にも大腸癌や胃癌などの悪性腫瘍手術も積極的に行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(前腕) 63 1.95 6.78 6.35 59.56
K0821 人工関節置換術(膝) 57 1.65 24.44 3.51 74.46
K0461 骨折観血的手術(大腿) 49 3.04 21.02 36.00 75.82
骨折に対する手術を多数行っており、中でも高齢者の方に多い大腿骨や下腿骨骨折の手術を多く行っております。継続してリハビリテーションが必要な患者さんに対して、他院と連携してリハビリ治療が行えるよう努めています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 26 1.81 17.00 7.69 78.96
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 13 0.54 49.31 53.85 57.15
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) - - - - -
慢性硬膜下血腫の治療法には、外科的手術が推奨されており、当院でも多数行っております。リハビリテーションが必要な患者さんに対しては他院と連携してリハビリ治療が行えるよう努めています。また脳動脈瘤に対する手術も行っております。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 16 5.63 2.81 0.00 31.50
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) - - - - -
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) - - - - -
若年男性に多い気胸の治療に有効な胸腔鏡下肺切除術が多く行われております。上記手術以外にも胸腔鏡下で肺癌に対する手術も行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 697 1.00 1.01 0.00 76.11
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 20 1.00 6.95 0.00 68.75
K279 硝子体切除術 19 0.95 2.47 5.26 77.53
白内障手術を多数行っております。また網膜に対しても手術を行っております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 32 1.38 4.06 0.00 61.34
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 22 1.05 7.55 0.00 33.45
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
慢性副鼻腔炎に対する手術及び口蓋扁桃の炎症に対して行う手術が多数行われております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 108 1.44 5.81 0.00 74.80
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 56 0.36 1.20 0.00 60.30
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 29 0.55 9.97 6.90 75.41
膀胱悪性腫瘍に対して多数手術を行っております。また腎・尿管結石に対して、体外から衝撃波を当てて結石を小さく破砕し、尿管から膀胱に排泄させ除去する手術も多数行われております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 39 0.26 0.15 0.00 34.08
K877 子宮全摘術 12 1.00 6.58 0.00 45.50
K8882 子宮付属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) - - - - -
昨年は分娩が停止していた為、流産手術や子宮全摘など婦人科疾患の手術を多数行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 97 1.71 4.74 0.00 68.84
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 35 2.94 10.91 0.00 79.71
K597-2 ペースメーカー交換術 26 0.15 1.58 3.85 79.92
狭心症や心筋梗塞の治療に有効である経皮的冠動脈ステント留置術を多数行っております。
腎臓・高血圧内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 41 6.02 14.10 17.07 74.02
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
透析治療に利用する内シャントを設置する手術を行っております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 57 1.02 1.96 0.00 72.65
K654 内視鏡的消化管止血術 50 0.16 7.32 0.00 71.82
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 26 0.65 1.88 0.00 71.58
大腸ポリープに対する治療及び消化管に対しての止血術を多数行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 12 0.18
異なる 13 0.19
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 51 0.75
異なる - -
この指標は臨床上ゼロにはなり得ないですが、医療の質の改善を目標に少しでも改善すべきものとして、上記4診断群分類の入院契機病名(入院の切っ掛けとなった傷病)との同一性有無を区別して症例数と発症率を示しております。
更新履歴
2016-09-30
新規公開
2016-12-02
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数を訂正しました