当院について

病院理念・患者さんの権利・責務・基本方針

病院の理念

国際親善総合病院は、地域住民のための急性期地域中核的病院として、患者さんに対してより良き医療を提供することを第一義と考え、次の『理念』のもとに日常診療に従事しております。

1. 患者さんに不安を与えない良質な医療の実施

良質な医療を、迅速かつ効率的に提供することです。そのためには職員全体がそれぞれの職域で、自分の立場を良く認識しながら、常に業務の改善に努めることです。

2.患者さんの立場に立った親切な医療の実施

患者さんは身体的ばかりでなく、精神的な面でも多くの悩みを持っていることを忘れず、あらゆる配慮を持って接することが肝要です。型にはまった対応は避け、周囲の状況や患者さんの状態に応じた気配りをして、臨機応変に対応することが重要です。

3.患者さんに信頼される医療の実施

患者さんの住む環境、風土、経済状態などを十分熟知し、状況に適した対応に努め、患者さんの知る権利に十分応えてインフォームドコンセントを充実し、患者さんに不満を感じさせないこと。そのためには職員個人個人が心から病院を愛し、好きで好きでたまらない雰囲気を感じさせることが大切です。職員が好まない病院は患者さんに信頼される訳がありません。

病院の基本方針

1. 安全で安心な医療の提供

良質で親切かつ信頼される医療の実現は、すべて安全かつ安心な医療の実施が大前提である。

2. 利用者の満足度の向上

患者さんはもとより付き添いやお見舞いの方等々、病院を利用されるすべての方々にご満足がいただける病院を目指す。

3. 地域から求められる医療の提供

診療所等との連携を図り、また適切な役割分担をしながら医療を進める。

4. 働きがいのある職場環境の実現

利用者に満足していただける病院とするには、まず、職員にとっても働きやすい環境とする必要がある。

5. 安定した経営の保持

地域に長く良質な医療を提供し続けるには経営の安定化は不可欠である。

患者さんの権利・責務

1. 安全で良質な医療を平等に受ける権利

患者さんは、差別なしに安全で良質な医療を受けることができます。

2. 提供される医療を自ら選択する権利

患者さんは、担当医師、病院を自由に選択し、又は変更することができます。

患者さんは、自分自身に関わる治療等について、自由な決定を行うことができます。

3. 自己の診療に関する情報について十分な説明を受ける権利

患者さんは、病名、病状、治療内容等について、十分な説明を受けることができます。また、患者さんは、いかなる治療段階においても他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求めることができます。

4. 尊厳とプライバシーが守られる権利

患者さんは、その文化、価値観を尊重され、尊厳が守られます。また、診療過程で得られた自らの個人情報とプライバシーが守られます。

5.生活の質と生活背景に配慮された医療を受ける権利

患者さんは、単に医学的に適切な治療を受けるだけでなく、生活の質と生活背景に配慮されたより良い医療を受けることができます。

6. 診療に協力する責務

診療に協力し、自ら治療に積極的に参加する気持ちをお持ちください。

7. 患者さんご自身の健康・疾病に関する情報を提供する責務

治療について適切な判断をするために、患者さんご自身の症状や健康に対する情報、あるいは希望を医療従事者に正しく説明してください。

8. 病院の秩序を守る責務

すべての患者さんが適切な医療を受けられるように、病院の規則や指示を守ってください。

(平成28年5月17日)