院内感染対策指針

院内感染対策指針

感染対策指針

院内感染対策指針の目的

この指針は、院内感染の予防、再発防止対策及び集団感染事例発生時の適切な対応など、国際親善総合病院(以下当院)における院内感染対策体制を確立し、当院の理念に基づいた適切かつ安全で質の高い医療サービスの提供を図ることを目的とする。

院内感染対策に関する基本的考え方

院内感染防止のためには、全ての患者に対して疾患非特異的に講じる標準予防策および感染経路別予防策を実践することにより、患者と医療従事者双方における院内感染の危険性を減少させる。また、感染症発生の際には拡大防止のためその原因の速やかな特定と制圧、そして終息を図る。最終的には提供する医療の質を保持、および向上することが目的である。このため感染防止対策を全病院職員が把握し、病院理念に則った医療が提供できるよう本指針を作成する。

感染制御組織

感染制御委員会(Infection Control Committee:ICC)

当院感染対策に関する院内全体の問題点を把握し、改善策を講じるなど院内感染対策活動の中枢的な役割を担うために、院内の組織横断的な感染制御委員会を設置する。ICCは病院長直属の諮問機関であり、感染制御チーム(Infection Control Team:ICT)を下部組織に位置づけ病院の感染管理のために方針作成と最終の決定機関として機能する。ICCは感染対策のための活動を支援するとともに、対策を要する事案の解決のための方策を策定する。また、ICCが必要と認めるときは、関係職員等の出席を求め、意見を聴取することが出来る。感染制御委員長は病院長が指名する。

院内感染制御委員会の開催と構成メンバー
ICCは毎月1回開催。必要な場合は、感染制御委員長は臨時委員会を開催することが出来る。
主要構成メンバーは、病院管理責任者(病院長)、感染制御委員長、ICD、看護部門(看護部長、看護課長)、検査部門、薬剤部門、栄養部門、放射線部門、医療機器部門、理学療法部門、事務部門などの代表者とする。

所掌業務は以下の通りとする。

  1. 院内感染の防止および対策
  2. 院内感染対策マニュアルの作成および配布
  3. 細菌分離状況と薬剤感受性状況の報告を行い、薬剤耐性菌の動向の把握
  4. 抗菌薬使用状況の報告を行い、抗菌薬の使用動向の把握
  5. 感染対策チームに委員会の決定事項、審議事項等の業務委託に関すること
  6. 院内感染対策チームから提出された議題を審議、確認する
  7. 院内感染予防と対策の教育活動
  8. その他、委員長の指示する感染対策事項

感染制御チーム(Infection Control Team:ICT)

ICCの下部組織として院内感染防止対策の実務を担当し、感染対策に関する情報収集、監視、教育、指導および介入の役割を担う。

ICTの開催事項と構成メンバー
毎月1回第3金曜日に開催する。必要な場合は、感染制御委員長は臨時に開催することが出来る。
構成メンバーは、ICD、看護課長、各部署のリンクナース、検査技師、薬剤師、管理栄養士、用度担当者。

所掌業務は以下の通りとする。

  1. 院内感染対策マニュアルの作成及び整備に関すること
  2. 院内感染予防の教育活動、ラウンド、実践に関すること
  3. 院内感染情報の収集及び広報に関すること
  4. 発生した院内感染に対する対応に関すること
  5. 院内環境衛生に関すること
  6. 滅菌・消毒・清掃・廃棄物に関すること
  7. ICTの運営に関すること
  8. その他院内感染に関すること

感染制御組織

感染予防対策のための教育および研修

当感染対策に関する教育および研修は、適切な知識を身につけ日々の医療行為で実践し、患者および医療従事者にとって感染リスクを最小限とすることが目的である。

  1. 全職員を対象に感染セミナーを年2回は開催する。
  2. 院内感染の増加が疑われた場合や確認された場合は、全体あるいは部署を限定して感染対策に関する教育および研修を行う。
  3. 新職員を対象に基本的な感染対策を教育および研修する。
  4. 院内ラウンド等による個別教育を実施する。

感染症の発生に関する事項

感染伝播力のある感染症や、多剤耐性菌など感染対策上問題となる菌の検出や感染症が発生した場合は、ICTが情報収集を行いICCに報告する。ICCは迅速に対応する。必要に応じ臨時院内感染制御委員会を招集し感染経路の遮断および拡大防止に関する検討を行い、ICTに指示する。感染制圧後、再発防止及び対応方針を検討する。平時の具体的活動は、細菌検査結果や感染症報告書から微生物検出状況を把握し、ICCおよびICTに報告およびJANIS、NHSNに基づいたサーベイランスを実施し、感染症発生状況の報告と把握。

その他の院内感染対策の推進の為に必要な基本方針

  1. 病院職員は自らが院内感染源とならないため、日々の健康管理に留意する。
  2. 病院職員は感染対策マニュアルを遵守する。
  3. 感染対策マニュアルは、医療行為の行う過程における感染対策の標準化された手順書であり、均一な感染対策が行われるよう教育、説明する必要がある。また最新のエビデンスに基づいた情報を参考に、当院の実情に合わせ定期的な見直しおよび改訂を行う。

患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

本指針は院内感染対策マニュアル、院内webを通じて全職員が閲覧できる。また、病院ホームページにおいて患者、患者家族などに一般に公開する。また、本指針は適宜改訂を行う。

附則
本指針は平成19年10月19日から施行する。
改訂
本指針は平成20年5月1日に改訂、実施する。
本指針は平成23年11月10日に改訂、実施する。