オプトアウトについて

診療情報等の情報のみを用いる研究や余った検体のみを用いる研究については、国が定めた「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき、対象となる患者さん全員に直接同意を受けない場合があります。この場合は、あらかじめ研究内容の詳細をホームページ上に公開し、患者さんが拒否できる機会を設けており、このような手法を「オプトアウト」といいます。

当院でのオプトアウトを用いた研究については下記の通りです。なお研究のためにご自身のデータや検体が使用されることを望まない方は、下記文書内に記載されている各研究担当者までお知らせください。