教育について

教育制度

“人材”は当院の財産です。 一人ひとりのキャリアデザインを支援します。

“人材”は当院の財産です。 一人ひとりのキャリアデザインを支援します。

個人の成長にあわせて院内・部署内研修や専門領域研修を設けており、看護師としての新しい自分を発見できるようにサポートします。研修ではグループワークを重視しており、コミュニケーションを活発に行い学びを共有し、確かな実践に結び付けるきっかけをつかむことができます。また、学会・研修会などの院外研修や長期研修にも参加し、ジェネラリストやスペシャリストなど多くの領域で活躍できる人材を育成します。

教育の目的

急性期病院として、質の高い看護を提供するために、豊かな人間性を養い専門職としての知識・技術を研鑚する。

教育目標

  1. 幅広く個別性をふまえた看護が実践できる。
  2. 根拠に基づいた看護が実践できる能力を養い、安全な看護が提供できる。
  3. 豊かな感受性と医療者としての倫理観を養い、自己を高める。
  4. 当院看護師としての自信と誇りが持てる。
  5. 専門職として主体的に学ぶ能力(自己教育力)を培い、専門性を向上させる。

病院と先輩ナースがあなたをサポート ! 新人ナースの看護デビュー

“新人は丁寧にしっかり”が特徴、1年間は職場適応期間です。

“新人はゆっくり進む”が特徴、1年間は職場適応期間です。

充実した教育計画です。
充実した教育計画です。
厚生労働省新人看護職員研修ガイドラインに沿った研修を実施します。講義・技術トレーニング・院外研修をとおして学びを深めることができます。
入職後は体験研修を行います。
入職後は体験研修を行います。
働く環境を理解するために、薬剤部・放射線画像科・栄養科などの様々な部門で体験研修を行ない、看護部と他部門との連携を研修します。
ゆとりの勤務体制です。
お互いを尊重し、認め合いながら絆を深めています。
先輩や上司は、迷った時や不安な時にいつでも相談・支援ができる体制を整えています。個々の意見を大切にして、チーム医療を行なっています。
お互いを尊重し、認め合いながら絆を深めています。
すべての先輩ナースが支える新人教育体制
実地指導者制度とチーム支援型をあわせた教育体制で新人を支えます。

新卒ナースの1年間 新人研修は、ていねいで、しかも高度な学習ができるカリキュラム。1年間かけて築く土台が看護職員としての自身を導きます。

初めに宿泊研修で新人ナース同士の親睦を深めます。そして配属部署の環境に適応きるよう3ステージに分け、段階的に進みます。年間の集合研修をとおして実地指導者・チームスタッフがフォローします。

新卒ナースの一年間

クリニカルラダーレベル別研修

クリニカルラダーレベル別研修