当院について

宗教的理由等による輸血拒否に関する当院の方針

当院では、患者さんとの信頼関係を第一に考えて、医療行為の実施にあたり、十分な説明と同意(インフォームド・コンセント)に努めております。その中で、宗教的理由などから輸血を拒否する患者さんがいます。私たちは、無輸血または必要最小限の輸血で診療を行っておりますが、手術をはじめとする診療中に「生命の危機」が生じ、医療の倫理に基づき輸血をせざるを得ないと判断した場合においては、輸血を拒否する患者さんに対しても輸血を実施する方針で診療(いわゆる「相対的無輸血」の治療方針)を採用しています。

当院のこの「相対的無輸血」の方針を受け入れることができない場合は、「転院」をお勧めいたします。何卒ご理解の上ご協力をお願いいたします。