初期臨床研修医について

初期臨床研修医について

当院について

病院名 国際親善総合病院
開設者 社会福祉法人 親善福祉協会
病院長名 安藤 暢敏
所在地 〒245-0006 神奈川県横浜市泉区西が岡1丁目28番地1
TEL. 045-813-0221
最寄り駅と交通機関 相鉄線弥生台駅から徒歩7分

急性期医療を通じて、将来第一線の臨床医・家庭医を目指します。

患者・家族、紹介医、研修医-指導医全員が目線の高さを同じくしつつ病院の理念を実践します。

ご案内動画

病院の理念

  • 良質な医療の実施

  • 親切な医療の実施

  • 信頼される医療の実施

病院の概要

診療科名 内科 小児 外科 整形 脳外 皮膚 泌尿 産婦 眼科 耳鼻 放射 麻酔 病理 救急 緩和ケア
医師数 16 1 7 5 3 2 5 2 3 2 2 5 1 2 1 57
内指導医数 12 0 6 5 3 2 4 2 3 1 2 5 1 2 1 49
病床数 100 0 41 35 20 1 30 4 7 7 0 0 0 3 25 273
一日平均在院患者数 217.9
一日平均外来患者数 644.6
平均在院
日数
11.0

病院の沿革・特徴

慶應3年(1867)THE YOKOHAMA GENERAL HOSPITALとして横浜山手に欧米人を中心に設立された。戦後、社会福祉法人国際親善総合病院として再出発。平成2年、横浜市の南西部に位置する現在地(泉区西が岡)に4万m2の土地を入手し、新築移転した。病床数300床、18診療科の総合病院で、高度医療に加えて、「24時間、365日」の救急医療は地域住民の安心を確保し、ますます地域の中核としてその役割が重要になっている。平成10年12月に日本病院機能評価機構の県下第1号の認定を受け、更に充実に向けて取り組むと共に地域の診療所と病診連携を密にし、入院中心の急性期病院としての特化に努力している。

平成30年度初期臨床研修医二次募集について

研修期間
平成30年4月1日~平成32年3月31日
応募資格
平成29年度医師国家試験合格者(見込み)
選考方法
書類選考、小論文、面接
募集人数
定員に達するまで
連絡先
総務課
TEL. 045-813-0221
E-Mail. kokusai@shinzen.jp

初期臨床研修プログラム

臨床研修教育責任者職氏名:病院長 安藤 暢敏

目的

当院の理念『良質・親切・信頼される医療の実施』を念頭に、研修医は将来どのような分野に進むにせよ、医学・医療の社会ニーズを認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、この初期研修期間中に幅広い基本的な臨床能力(態度、技能、知識)を身につけることを目的とする。

特徴

研修医が当院で最低限学習するべき教育項目、実施修得しなければならない手技、事項まで、医師のあり方から始まり、各疾患の診断学、治療学に至るまで幅広い分野に亘り各科別に研修カリキュラムとして明記されている。また各科研修カリキュラムにて習得した知識、手技により得られた臨床能力から当院の臨床研修の最終目標である日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるようになるための項目が経験すべき診察法、検査、手技、症状、病態、疾患として挙げられている。

プログラム参加施設

横浜市民病院、神奈川県立精神医療センター、国民健康保険内郷診療所、慶天堂内科中田町クリニック

全科系コース(研修医A一例)

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
第1年次 内科 必修選択 麻酔科 救急
第2年次 選択 精神科 選択 地域 選択

待遇

身分 正職員
給与 1年次 309,000円 賞与を含む当直手当・住宅手当を除く
2年次 319,000円 賞与を含む当直手当・住宅手当を除く
当直手当 平日 10,000円
土曜 18,000円
日曜 20,000円
住宅手当 世帯主 15,000円
その他 8,000円
※入寮者には支給なし
賞与 年 4.14ヶ月程度 その他給与規定による。
福利厚生 住居宿舎家賃 10,000円・25,000円(電気・水道料は別途)、医療従事者健康保険組合、厚生年金、雇用保険、労災保険あり
研修期間 2年間

指導医紹介

指導医についてはこちらをご覧ください。

病院見学・お問い合わせ先

連絡先
〒245-0006 神奈川県横浜市泉区西が岡1丁目28番地1
国際親善総合病院 総務課
TEL.045-813-0221/FAX.045-813-7419
E-Mail.kokusai@shinzen.jp

※お問い合わせはお電話かメールにてお気軽にお問い合わせください。