麻酔科

麻酔科 診療内容・特色

手術を安全に不安を感じることなく実施するには、手術の大小に関係なく何らかの麻酔が必要です。

麻酔科医の最も重要な仕事は、手術中における患者さんの生命維持、全身状態の安全を保ち、手術侵襲から患者さんを守ることです。また術後は疼痛対策を中心に、患者さんの状態を良好に保ちます。

手術室外では集中治療室での重症管理、救急医療に関与しています。さらに院内における無痛分娩や癌末期の除痛など、ペインクリニック領域の治療も行っています。

麻酔科医は患者さんの意識をなくす、呼吸を止める、心臓手術では心臓を止めるといった一般の医療行為とは相反することを行っています。このように麻酔とは危険を伴うものであるのに日本における麻酔科医の不足は深刻で、常勤の麻酔専門医のいない病院で手術が行われている現状では、患者さんに大きな不利益をもたらしています。当院においては、手術は一部の局所麻酔を除いてすべて常勤の麻酔指導医によって安全に管理され、また麻酔指導病院に認定されています。

麻酔科 医師紹介

部長

佐藤 玲恵

佐藤 玲恵

さとう なるえ

麻酔全般

認定医・専門医・資格

日本麻酔科学会指導医

医長

岩倉 久幸

いわくら ひさゆき

麻酔全般

認定医・専門医・資格

日本麻酔科学会指導医

医長

山田 理恵子

やまだ りえこ

麻酔全般

認定医・専門医・資格

日本麻酔科学会指導医

医長

竹島 元

たけしま げん

麻酔全般

認定医・専門医・資格

日本麻酔科学会専門医
日本救急医学会専門医

手術部位

2017年度 2018年度 2019年度
脳神経・脳血管 40 36 32
胸腔・縦隔 19 16 5
心臓・血管 0 0 0
胸腔+腹部 3 2 5
腹部 965 1,008 838
帝王切開 17 64 64
頭頚部・咽頭部 37 36 56
胸壁・腹壁・会陰 217 232 392
脊椎 77 74 69
股関節・四肢(含:末梢神経) 455 455 540
検査 0 0 0
その他 2 4 18
合計 1,832 1,927 2,019

麻酔法

2017年度 2018年度 2019年度
全身麻酔(吸入) 1,126 1,171 1,254
全身麻酔(TIVA) 36 30 53
全身麻酔(吸入)+硬・脊、伝麻 511 559 581
全身麻酔(TIVA)+硬・脊、伝麻 7 8 5
脊椎くも膜下硬膜外併用麻酔(CSEA) 18 16 65
硬膜外麻酔 4 2 2
脊椎くも膜下麻酔 84 48 51
伝達麻酔 6 1 5
その他 40 42 3
合計 1,832 1,927 2,019